ムジカアーツ親睦会!

アコーディオン界でなくてはならない存在といえばこの方。

太田敏雄氏。柴田の師匠でもあります。

日本作曲家協会会員。NAC名古屋アコーディオンクラブ・CAC中部アコーディオンクラブ理事。coba・桑山哲也・他多くのアコーディオン奏者を育てる。TV・ラジオで活躍後、ヤマハミュージック東海 伏見・栄支店アコーディオン講師。Mucica・Arts代表取締役。

 

昭和の時代はテレビやラジオで活躍されていました。中部地区で昔「どんぐり音楽会」という番組が日曜日の朝放送されていたんです。アコーディオンの伴奏をされていました。

子供の頃良く見てたなぁ〜。まさか先生だったとは。。。

カラオケのない時代、歌手の伴奏といえばアコーディオン。淡谷のり子さんなど大物歌手の伴奏もされていたそうです。

 

名古屋を代表するアコーディオン奏者といえば太田敏雄。昭和の時代はアコーディオンが花形楽器だったそうです。

 

 

 

ムジカアーツは今年で4年目。浜松からも生徒さんが参加され演奏しました。

中でも3年生の男の子はアコーディオンを習い始めて4ヶ月になりますが、今回初披露となりました。

「茶色のこびん」「さんぽ」「オブラディ・オブラダ」の3曲を演奏。

Banjo稲川がバンジョーで伴奏を担当。2人は男同士の友情!?でなかなかいい感じでした。

 

下の写真は名古屋の橘川宗明君。太田先生の生徒さんで小1から習い始め、6年生のときにはコンクールで準優勝。実は橘川君の楽器を男の子は譲ってもらったんです。

 

橘川君は現在中2でやはり流石な腕前でした。ちなみに楽器は柴田の楽器で演奏してます 笑

 

そしてゲストに元CBCのニュースキャスター日比英一さん。元ヤマハミュージック東海社長濱田八郎さん。

 

 

この日は22名の方々が演奏されました。

アコーディオン、ピアノ、エレクトーン、ギター、フルート、クラリネット、そしてバンジョー。

3時間たっぷり演奏を聴かせていただきました。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    濱田八郎 (火曜日, 22 1月 2013 10:58)

    例年素晴らしい新年の演奏会だと思いますが、今回は特に良かったと思います。
    浜松からの生徒さんのご参加もあって大変賑やかで盛り上がりました。
    アコーディオン独奏も良かったですがバンジョーやフルート、ギターなどとの
    アンサンブル演奏も楽しかったですね。
    加藤さん吉村さんのクラリネットとエレクトーンの鈴懸の径、A列車で行こう
    のアンサンブルも良かったですね。
    素晴らしい新年演奏会でした。来年も生徒さんのご成長を楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • #2

    柴田貴子 (水曜日, 23 1月 2013 08:46)

    濱田さん。コメントありがとうございます。私はアコーディオンを初めてちょうど10年になりました。太田先生をはじめ皆様とのご縁に感謝しています。そしてこのような豪華ゲストを迎えての演奏会に参加させて頂くのはとても嬉しいことです。浜松の生徒さんたちにとってもとても良い経験と刺激になったと思います。ムジカアーツの今後の発展も楽しみです。どうぞ今後ともよろしくお願い致します。 柴田